タイトル

宝石

天然石のみを宝石と言います。現在の科学ではダイアモンドは作れはしますが、それでもかなり小さいものしか作れず、装飾品としては使えないものでした。つまり宝石とは自然からの美しい贈り物というわけです。女性にとっては宝石は本当に特別なものかもしれませんね。

人工的に生産する合成石は宝石とは言いません。宝石の大部分は、自然に産出した鉱物、無機質(無機起源)の宝石です。しかし、わずかに生命活動の中から生まれた真珠、珊瑚、琥珀(こはく)など有機質(有機起源)の宝石もあります。ちなみに管理人はこの中では琥珀が好きです。

宝石は鉱物のほんの一部です。現在、鉱物は約4000種以上あると言われていますが、その中でも約70種程度が宝石として使われます。鉱物には鉱物名とは別に、見え方によって別名があります。

たとえばダイヤモンドはえんぴつの芯と同じ炭素でできているため、グラファイトと同じ鉱物とされています。また鉱物名コランダムは見え方によって赤色をルビー、青色や赤色のものをサファイヤ、星が見えるサファイヤをスターサファイヤと呼びます。鉱物名ベリルにもエメラルドやアクアマリンなどの宝石があります。商品名の方が有名になった宝石もあります。

鉱物のほとんどは結晶(cristal=構成する原子が規則正しく並んでいる個体のこと)ですが、構成原子が規則正しく並んでいない非晶質のものもあり、オパール、テクタイト、モルダバイト、琥珀などがこれに当たります。水晶などはひとつの結晶が大きく成長した単結晶です。反対に目に見えないくらい小さな結晶の集合したものを多結晶と呼び、メノウがこれに当たります。

宝石は自然からの贈り物です。今日の私たちは、宝石の持つ輝きや希少性を装飾品としてまたは財産として利用しています。しかし、古代の人々は、この自然からの贈り物である宝石を神秘的な存在として超自然的な力を備えていると信じ、宝石を身に着けることは護身符的な役割を意味していました。世界各地で各々の宝石にまつわる伝説、物語は数知れません。

ここで、有名なお話をひとつご紹介しますね。ギリシャ神話です。

   美しい少女メデューサは、自分を戦女神のアテナより美しいと言った為、
   アテナの怒りを買ってしまい、髪の毛は毒蛇、歯は、猪の歯、手は青銅
   という醜い姿にかえられてしまいました。

   メデューサは、見るものを石に変えてしまうという力を持っていたため、
   誰も退治することができませんでしたが、ペルセウスがピカピカに磨か
   れている盾と曲がった刀で眠っているメデューサの首を落とし、そのメ
   デューサの首から落ちた血から、ペガサスが産まれました。

   ペルセウスはペガサスに乗り、帰っていく途中、メデューサの首から滴
   り落ちた血が、砂漠に落ち、さそりとなりました。
  海に落ちたメデューサの血は、血赤珊瑚になったのです。

4つのC

ダイヤモンドを見分けるときは4つのCを知っていれば、ダイヤを選ぶときにかなり有利と言えます。「4つのC」とは・・・カラット(carat:重量)、カラー(colour:色)、クラリティ(clarity:透明度、透澄度)、カット(cut:カット、研磨など仕上がり)の頭文字をとったものです。ダイヤモンドの価値は、この4Cで決まります。

ジュエリーを選ぶには「4つのC」を目安にした上で、身に着けてみて、持つ人との相性を試すことも大切です